トップ > すべての占い > タロット >

ヘキサグラム法のタロットで復縁を占う

> 結果

【ヘキサグラム】元カレと復縁したい。冷却期間はどれくら必要? 復縁できるなら、何がキッカケになる?タロット, 恋愛, 復縁, 冷却期間, ヘキサグラム, スプレッド, リクエスト

法王(教皇)のタロットカード
① 過去
星のタロットカード
② 現在
月のタロットカード
③ 未来
ソードの5のタロットカード
④ 対策
正義のタロットカード
⑤ 環境
ワンドの8のタロットカード
⑥ 本心
ワンドの4のタロットカード
⑦ 結論
過去

別れ話が出たとき、あなたは本音では別れたくなかったようですね・・
でもあなたは、別れを受け入れるしかなかった・・
「これがお互いのためなんだ」と、自分を納得させることで、あなたは前へ進もうとしたのです。

現在

・・う〜ん・・今のあなたは、心に雲がかかったみたいにどんよりしている模様・・
現在あなたの中で、元カレへの思いがどんどん大きくなっています。

昔はそばにいて当たり前だった、カレという存在。
それが今や遠く離れてしまったことで、あなたの気持ちはとても不安定になっています。

未来

将来的にあなたは、自分の気持ちが分からなくなっていくかもしれません・・
「復縁したい!」という気持ちになる時もあれば、「もう新しい恋に踏み出したい」という気持ちの方が大きくなる時もあるのです。この時期は、お辛いかもしれませんね・・

対策

胸に手を当てて、復縁したい理由を考えてみましょう。

それは「自分の願いを貫きたい」という執着がありませんか?
「私が、私が」というエゴがないでしょうか・・?

そうした姿勢でいる限り、復縁は成功しませんよ。
もしも復縁を望むのであれば、元カレへの愛情や思いやりを大切にすること。

そのためには、あなた自身にも余裕が必要です。
まずはプライベートを充足させて、本来のあなたを取り戻しましょう
例えば、新しい趣味を見つけたり、習い事をするなど、日々を楽しむ工夫をしてみましょう。

環境

元カレはあなたに対して「責任は果たした」という達成感があるようですね・・
「付き合っている時に、やれることはやりきった」という思いでいるのでしょう。

本心

復縁したいと考え始めたあなたの気持ちは止まりません。元カレへの愛情がどんどんと大きくなってきているようです。
もしかすると付き合っていた頃より強い想いを抱いている可能性も・・

こんな時に大切なのは、"情熱の行き場所" をつくることです。
軽い運動など、体を動かす習慣を作ってみましょう。

さもないと一人で悶々として苦しい日々を送ることに・・

結論

お二人の場合、復縁を叶えるために冷却期間はあまり関係ありません。
別れてから時間が経っていようが経っていまいが、お互いの大切さを思い知れば復縁は叶うのです

ただし・・・
そのためには、実際に会い、話して、「やはりこの人が好きだ」と実感する必要があるのです。

あなた達にとって、ここが一番の関門でしょう。

一つ目の難関は、下手にアプローチすると、"重たい女" だと思われ、逆効果となってしまうこと。
もう一つは、中途半端にカラダだけの関係になってしまうこと。(つまりセフレ・・)

復縁に向けて動き出す際には、この2点にとくに気をつけてください。

鑑定占い師:あみゅー

>>メールで結果がわかる! 本格無料占い♪

続きはこちら>>

【ヘキサグラム】元カレと復縁したい。冷却期間はどれくら必要? 復縁できるなら、何がキッカケになる?
のご感想・コメント

  • 電話してみたいけど、まだ着信拒否が続いていたらどうしようとこれ以上傷つく事に怯えている自分がいます。恐怖に打ち勝つ勇気と感情をコントロールする冷静さが欲しい。 by 白桃
  • そのとおりです。セフレになってしまいそう。また。 by あひる
  • このまま友達でいてるのかまだ心が整理ついてないからわからない けどいろんな意味で頑張れるわあ ありがとぅ by もかふさ
  • セフレは無いです、付き合ってた時からレスだったし。そも拒否られて連絡取れてないし。 by
  • 彼と別れた理由を知りたい by さな
  • 会うのが一番と、わかっているけど。あちらもなかなか手強い。お互いに他はいないでしょう。意地張るのやめようよ。 by やっさん
  • もう会えない… by わからない
  • 友達に、なった方がいいのかな。 by チーズクッキー
顔アイコンを一つお選びください

こんな診断を作って欲しい!というテーマを募集中♪

 ➡︎ 開運!スマホ壁紙♪当サイト特製の待受は、こちらから無料ダウンロード

「復縁」をもっと占う

この診断結果をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする

診断履歴

ページトップへ